第1章  総則

第1条  『名称』
この会は正式名称を「GS世代研究会」とする。
第2条 『事務局』
この会の事務局は、横浜市戸塚区上倉田町810-2
「コンサルティング・エース」内に置く。
第3条 『会の目的』
この会は消費経済活性化と高齢社会の進展を見据えた商品・サービスの研究をするために活動する。
「GS世代」と規定する60~70代を中心に、さらなる高齢化と、また若年層の消費の疲弊にどう対応するかを考察する。
第4条 『活動内容』
第3条に基づき、主に下記の活動を行う。
 
会員自治体・企業の連携によるビジネス経営
カタログ媒体を中心とする地方産品などの販売とマーケティング
歩き愛です(あるきめです)」による高齢者を中心とした健康推進、地方商業活性、観光誘客

第2章 会員および組織

第5条 『会の構成』
この会は、「幹事企業・団体会員」、「一般企業・団体会員」、「一般個人会員」および座長、フェローそして事務局により構成される。
第6条 『幹事企業・団体会員の役割』
「幹事企業・団体会員」は、第4条の『活動内容』に即し、この会の運営に協力する。
またイベント開催などの際は、運営や広報活動などに協力する。
第7条 『幹事企業・団体会員の資格』
「幹事企業・団体会員」の新規入会に際しては、事務局から幹事入会依頼を行う。
ある「幹事企業・団体会員」が幹事として相応しくないという意見が出された場合、座長は全「幹事企業・団体会員」に諮り三分の二以上が賛成する場合、「幹事企業・団体」から退くことを勧告する。
第8条 『幹事企業・団体会員の任期』
「幹事企業・団体会員」はとくに任期を定めない。
自発的に幹事辞任を申し出て事務局が受理すれば認められる。
第9条 『一般企業・団体会員の定義』
「一般企業・団体会員」は、企業・団体単位で自発的に入会する会員をさす。
第10条 『費用負担』
『幹事企業・団体会員』『一般企業・団体会員』『一般個人会員』いずれも年会費等の費用負担はない。
第11条 『一般企業・団体会員の入会金』
「一般企業・団体会員」の入会金は事務手続き費として2万円とする。
「GS世代研究会」が主催するシンポジウム、勉強会などに1社あたり3人まで参加できる。
第12条 『一般個人会員の資格』
「一般個人会員」とは、所属企業・団体ではなく申込者個人本人のみ有効資格を得る会員とする。
第13条 『一般個人会員の入会金』
「一般個人会員」の入会金は事務手続き費として2万円とする。
「GS世代研究会」が主催するシンポジウム、勉強会などに本人のみが参加できる。
第14条 『入会金の有効』
「一般企業・団体会員」と「一般個人会員」は、一度退会後、再入会の場合は、再度入会金を支払う。
第15条 『座長』
座長はとくに任期は設けない。
座長が著しく適格を欠いたと判断される場合、「幹事企業・団体会員」の三分の一以上の動議で「幹事企業・団体会員」が投票を行い、「幹事企業・団体会員」数の三分の二以上の賛成で座長解任を決定することができる。
座長が欠ける場合には幹事企業・団体で座長選考委員会をつくり、新座長を選任する。
第16条 『フェロー』
この会では、広く活動を紹介してもらうとともに、アドバイスなどを求める文化人を「フェロー」として委嘱する。
人数の制限や任期はとくに定めない。
本人の意思により、または幹事会で過半数が不適格と認定した場合はその任を解くものとする。
第17条 『報酬』
座長はじめこの会に属する全ての役職は無報酬とする。
第18条 『会員の義務と除名』
全ての会員は良識に基づいて行動し、この会で知り得た情報を悪用してはならない。
もし、著しく会員として不適格である場合、座長は幹事会に諮り、三分の二以上の賛成で当該会員を除名することができる。
その審議経過については必要に応じてホームページ上に明らかにする。
第19条 『分科会』
幹事企業・団体、3社以上の発議によりテーマに応じた分科会を設置することができる。
各分科会では正世話役を決定し、副世話役数社とともに分科会の運営を行う。
また、役割を終えたと思われる分科会は解散することができる。
その場合、当該分科会構成員で解散を決定する。

第3章  会の運営

第20条 『会の決定』
この会の最終決定は幹事会により行われるが、座長の判断で事後承認または、持ち回りあるいは連絡メール上で決定することもある。
第21条 『会の運営費用』
会の運営に関わる事務は「コンサルティング・エース」が担当する。
この会は「コンサルティング・エース」が業務の一環として行う事業とする。
入会金は「コンサルティング・エース」の売上として計上する。
第22条 『ホームページの運営管理』
この会には専用のホームページを設け、「コンサルティング・エース」が管理する。
「幹事企業・団体会員」、「一般企業・団体会員」、「一般個人会員」にはパスワードを付与し、ホームページにアクセスできるものとする。

第4章  そ の 他

第23条  『規約の改正』
この規約は必要に応じて幹事会の過半数の承認により改正される。